top of page
jmyhtnrbgefvd.png

フリースクール生徒への助成金と新たな施策

更新日:4月2日



不登校支援を強化するため、東京都は来年度から、フリースクールに通う小中学生の家庭に月2万円を上限に助成を始めると発表しました。


1月26日に公表した来年度予算案に、新規事業としてこの支援策を盛り込み、中学校に不登校の生徒が過ごす校内分教室を設置し、不登校支援にさまざまな取り組みを展開する見込みです。


生きづらさを抱えて学校生活に馴染めない子どもたちが、学びや居場所の選択肢を多様化できるよう、フリースクールに通う不登校の小中学生に対し、1人当たり月2万円を上限に支援金を提供します。


東京都教育委員会は昨年度と今年度に、フリースクールに通う不登校児童生徒の調査研究を行い、都内約1400人の小中学生がフリースクールに通っていると調査の結果を受け、その調査研究協力費と同じ水準として1500人分の予算を確保しました。


さらに、都内のフリースクールを運営する団体に対し、体験活動や施設の安全対策などの費用を補助し、フリースクールや大学などとの連携を強化し、学校外の多様な学びを通じて子どもたちの興味関心を引き出し、知的好奇心を高める教育手法についても調査研究を行うため、これらの事業に12億円の予算を計上しました。


不登校児童のさまざまなニーズに応えるため、学校内での取り組みにも力を入れる予定で、都内の中学校10校には「チャレンジクラス」と呼ばれる校内分教室を設置し、指導を行う教員の配置や学習環境の整備に関する経費を支援。


また、校内の別室で登校できる小中学生に対して、指導や相談対応を行う支援員の配置費用や、仮想空間を活用した学びの場である「バーチャル・ラーニング・プラットフォーム」などにも予算を増額し、不登校支援の施策を一層充実させるとの発表を行いました。 「教育新聞」記事より抜粋

Comments


bottom of page